人気の占術を知ろう

占い師さんのプロフィールを見ていると、それぞれ主な占術が違いますよね。その中でも管理人がよく見かけるなと思うのは「タロット」「霊感・霊視」「西洋占星術」の3つですかね。
占術がどのようなものなのか少しでも知っておけば今後占い師さんを選ぶ際に役に立つかなと思ったので調べてみました。参考程度にご覧ください…

タロット

占術の中でも最もポピュラーで、体験したことがある人も多いと思います。
「タロットカード」という紙製のカードを使い、気になる相手への不安感やさまざまな人間関係、今後の運勢などそれぞれの状況における悩みに対し、そのときの偶然性からヒントを得ることができます
カードは小アルカナと大アルカナという合計78枚のカードからなります。その中から偶然選んだカードから個人の今後の展開や暗示を読み解くことが可能と言われています。
小アルカナは個人の心理状態や対人関係などについての微妙なニュアンスまで読み解くことが可能で、大アルカナは生命における生まれてから死ぬまでの一生を表しており、人生の道筋を意味します。

今後の自分の運勢を知りたい方にはちょうどいい鑑定方法かもしれません。

霊感・霊視

霊感・霊視ができる占い師は少ないので、限られた人による超能力と言われています。
相談者の数少ない情報から全体を読み取ることができるので大まかな悩みを把握することができます。過去や未来に向けての明確なアドバイスや、前世を読み解いて現世への課題が明らかになり、悩みの糸口を見つけることができます

霊視と似ているものに透視がありますが、全く違うものなのでご注意ください。透視は見るものが物質である能力のこと、霊視は状況に応じた心情をみる能力のことを言います。

西洋占星術

簡単にジャンル分けをすると「星占い」に属するこの占術は、生年月日、出生時間、出生地、主にこれら3つの要素から、地球に生まれ、習慣化された旨趣を図で作成し、運命を割り出すことが可能です。
よくテレビや雑誌で見かける12星座占いもこの西洋占星術が軸として使われているんです。
鑑定結果から目的を達成するための方向性、その人特有の体質や性質、人生における環境の歩みやすさ、これらのヒントが明らかになるとされています。個人に関する情報を深く知るのが容易です。

自分の生まれてきた意味を明確にすることで、自分らしい生き方ができると言われています。ですので、現在自分を見失って悩んでいる人には大きな手助けになる占術でしょう。